横須賀輝尚ノウハウ集

  1. メールマガジンの記事をストックしておきたい

    メールマガジンのネタはある程度作っておいた方がいいものですが、記事のストックはあまりしない方がいいと考えています。ストックすることで最新性もパワーも失わ…

  2. コンサルタントとしてブログをどう書いていくのか

    「ブログを書かなければいけない」ととらわれている人が多いものですが、そうではなく、「何のために書くのか」がポイントです。ブログを書くことでどう見られてい…

  3. メールマガジンを送るのに最適な頻度とは

    今回は、メールマガジンについてです。コンサルタントとして最も適したなマーケティングというのは、今でもメールマガジンだと思っています。メールマガジンと他のツー…

  4. 「外から見えるもの」に自分なりの理由を持つ

    打ち合わせ場所をどこにするのか、というのはとても気にしています。指定した場所がその人を表すからです。特に、オフィスがない場合には、一般的にホテルのラウン…

  5. コンサルタントはオフィスを持った方がいいのか

    多くのコンサルタントがオフィスを持っていません。自宅兼オフィスという方がとても多いです。オフィスを持つのも固定費になるし、コンサルタントはどこでもできる仕事なの…

  6. コンサルタントの組織について

    LC LABのコンテンツでも紹介していますが、コンサルタントとしてビジネスモデルを作っていく際には、会員制組織や顧問コンサルティングなど、いろいろな方法がありま…

  7. 話し方がうまくなる必要性

    コンサルタントとして「話がうまくなりたい」というのは大命題です。「話し方教室に通った方がいいですか?」という質問もかなり多いです。しかし、「より尖ったコンサルタ…

  8. 文章力を磨くためにはどうしたらいいか

    コンサルタントとして、文章力は非常に重要です。セミナーを開催したり人から紹介されたりして商談につながり、そこからコンサルタント契約を取るというように、文章をあま…

  9. コンサルタントは話が上手である必要があるか

    コンサルタントとして契約を取っていくという場合には、話が上手くなる必要はとくにありません。『聴く』ということができれば十分です。話すことよりも聴く力や質問力、相…

  10. 小冊子の執筆は自分でするべきか

    以前からダイレクトマーケティングの世界では、無料オファーのツールとして小冊子を使ってきました。少しマーケティングを勉強していくと、小冊子を作らなければならないの…

ログイン

PAGE TOP