横須賀輝尚ノウハウ集

自分の右腕を作ることはできるのか

「自分と実力が近い人材を育成することは可能か」というのは昔からある話ですが、これはコンサルタントの一つの命題でもあります。今私が思うのは、コンサルタントの人材育成はできるということです。ただ、人はそれぞれカラーがあるので、自分と同じコンサルタントを育てるのは無理です。

結局、「右腕」といって何を一つの基準にするかというと、そこはまず実力です。コンサルタントのスキル的なところは全然問題なく育てられますが、そのためにはまずコンサルティングの幅を狭めて伸ばすことが大事です。

本人がやりたいことだからこそ成長する

いきなり幅広く全部のことができるコンサルタンに育てるのは難しいので、まずは一つの領域を極めることが大事です。それから、特にコンサルタントの場合は本人がやりたいと思っていなければ絶対に伸びません。

コンサルタントだけではなくて、デザイナーなんかもそうですが、やりたいという気持ちがあるから頑張りますし、だから成長できます。上からやれと言われてやっていても、やはり伸びません。

範囲を狭めること、それからやりたいことを会社の中で追求してあげるということ。そしてコンサルティングの現場を上が作ってあげること。この3つが必要になります。そうすれば、コンサルタントは育てることができると考えています。

譲れない価値観を共有できることが大切

トップコンサルタントのコピーはできませんが、同じような価値観や考え方、哲学、理念については、コミュニケーションをとればある程度は共有できます。逆にいうと、個性は生かした方がいいところです。

円で例えるなら、重なる部分もあるし重ならない部分もあっていい。ただ、その中でも大事な部分は絶対に重なっているべきです。それは、クライアントに対する姿勢や仕事の取り組みなんかがそうです。

例えば、仕事の価値観として、私は「納期遵守」をすごく大事にしています。私で一番わかりやすい例は出版です。締め切りは絶対にどんなことがあっても守るというのは、私の中の価値観としてあります。

クライアントへのレポート納期などの大事な納期に遅れて「間に合わなかった」で済ます社員とは、私は一緒に仕事をやれないと思います。その譲れない価値観を共有できることは大切ですし、そのためには対話が必要です。

結論としては、コンサルタントを育てることはできる。ただそのためには、本人がやりたいと思っていること、まずは狭い範囲で一つの領域を極めるところから始めることが重要です。

完全に能力をコピーすることはできませんし、そこはむしろ個性を出した方が良いところでもありますが、譲れない価値観は絶対に共有するという姿勢も重要だと考えています。

横須賀耀尚

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

ピックアップ記事

  1. コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?
  2. コンサルタントのホームページはどのようなものが必要か?
  3. コンサルタントの持ち物の注意点とは
  4. コンサルタントの種類、必要な資格とは?
  5. コンサルタントの契約書はどのような内容を盛り込むべきか?

関連記事

  1. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントの知識を「専門化」する方法

    コンサルタントとしての突破口の開き方としては、何かひとつを掘り下げるし…

  2. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントは話が上手である必要があるか

    コンサルタントとして契約を取っていくという場合には、話が上手くなる必要…

  3. 横須賀輝尚ノウハウ集

    組織(労務)コンサルタントの仕事内容

    コンサルタントといってもいろんなコンサルタントがいますが、今回は組織系…

  4. 横須賀輝尚ノウハウ集

    Skypeを使ったコンサルティングの始め方

    今回は、Skypeを使ったコンサルティングの始め方について解説します。…

  5. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントが組織を作るとき

    コンサルタントの組織の多くは、「コンサルタント+アシスタント」というス…

  6. 横須賀輝尚ノウハウ集

    話す力と書く力

    コンサルタントは話す力と書く力が必要です。もしスキルを伸ばすなら、この…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP