コンサルタント研究記事

顧問契約をするコンサルタントの年収について

弁護士、税理士など士業の世界では「平均報酬額」というのが話題になり、検索数もかなりの数があります。もともとこの業界は報酬額が固定されていたこともあって、だいたいどのくらいの報酬を得ているものなのか、多くの人が気になるようです。ほかの業界は取り扱うサービスや商品によって、報酬は様々だと思いますが、コンサルタントの実際の報酬、年収はどのようなものなのでしょうか。

これは、コンサルタントのビジネスモデルを考えると少し見えてきます。例えば、従来の「顧問」と呼ばれるタイプの契約であれば、1社数万円で月次契約をします。実際のところ、3万円〜5万円が一般的なコンサルタントの報酬で、内容は作業が含まれるものやそうでないものがあります。訪問の有無等でも変わってきますが、相談だけで月5万円以上取れるコンサルタントは、それなりに一流の腕を持っている、というのがLClab編集部の研究結果です。

仮に、5万円で契約が取れたとして、訪問や一部の請負作業を含むとなると、月に抱えられるクライアントの数は、15社が良いところ。頑張っても20社くらいが限界になるでしょう。そうすると、15社契約で月商75万円。これを1年にすると900万円。自宅でかつ社員も雇わないとなるとランニングコストも大したことありませんから、ほぼ利益となります。このようにビジネスモデルから見ると、その人の年収が見えてくるわけです。この900万円に講演料が加われば、1000万円が見えてくる、という内容です。ちなみに、10万円で15社契約すると1800万円になり、ここまでくると高額報酬といっても良いと思います。

このように、顧問契約モデルでの年収を高めるには、単価を高めていくことが重要なポイントになります。このほかにも、会員制、勉強会、コンテンツ物販などをするコンサルタントのビジネスモデルがありますが、それはまた別の機会に解説しようと思います。

(執筆:LClab編集部)

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

コンサルタントになるには前のページ

マーケティング・ビジネスモデル解説総論 第1部次のページ

ピックアップ記事

  1. コンサルタントとは
  2. 会計士系のコンサルタントの仕事内容
  3. エリート型でないキャリアパスのコンサルタントの方が強い?
  4. コンサルタントの収入源「研修」
  5. コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?

関連記事

  1. コンサルタント研究記事

    ネットビジネス系のコンサルタントの実態とは?

    コンサルタントの種類も多数いますが、ここ10年で一気に増えたのが、大枠…

  2. コンサルタント研究記事

    メルマガを出した方が良いコンサルタントのタイプとは?

    メールマガジンは、今や当たり前のマーケティングツールとなりました。20…

  3. コンサルタント研究記事

    コンサルタントとは

    一般的にコンサルタントといっても、様々なかたちがありますが、もっとも一…

  4. 取材インタビュー

    一圓克彦氏(リピーター・ファン創出コンサルタント)

    これまでに大小7業種もの企業を経営した実体験に基づき、リピーター・ファ…

  5. コンサルタント研究記事

    コンサルタントに求められる人物像

    コンサルタントには、深い知識、豊富な経験、高度なスキルが求められますが…

  6. コンサルタント研究記事

    コンサルタントのホームページはどのようなものが必要か?

    ホームページは今や企業の顔として絶対的なツールになっています。多くは、…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP