コンサルタント研究記事

コンサルタントで1,000万円稼ぐビジネスモデル例・高額報酬顧問

コンサルタントのビジネスモデルに関しては、LClabでは様々な研究をしてきていますが、今回は実際に1,000万円の売上を達成するモデル例について考えてみたいと思います。

顧問報酬高額型

顧問報酬の金額を高額に設定するモデルです。コンサルタントの世界だけでなく、もっとも簡単な売上向上法のひとつが「単価を上げる」こと。これを追求して1000万円を目指すモデルです。例えば、5万円、10万円、15万円の顧問契約が可能な場合、どの程度の顧問数を持てば1,000万円が実現できるのでしょうか。

例えば、5万円の場合は、顧問数は17社は必要です。これで1020万円の売上になります。17社なので、1ヶ月に1社増やすとすれば、1年半で実現できることになります(解約がない前提で)。もう少し頑張って、10万円の顧問も取れるとしましょう。例えば、5万円の顧問が10社取れた上で、10万円の顧問も取れるとするなら、あと4社10万円の顧問が取れれば1,000万円を超えることになります。5万円の顧問10社+10万円の顧問4社で1080万円ということになります。14社で1,000万円を実現することができます。

このように、顧問型の場合は安い顧問先を増やしていくよりは、できるだけ高額の顧問を増やしていく方が、明らかに売上を伸ばすことが簡単です。もちろん、最初のうちは安い顧問先を増やす必要があることもありますが、いわゆる「食い扶持」ができたら、できるだけ高額報酬を目指した提案、スキームをつくっていくことが、高額報酬を実現する一歩であると、LClabは考えます。

(執筆:LClab編集部)

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

コンサルタントに求められる人物像前のページ

コンサルタントに必要な、本当の「聞く」スキルとは?次のページ

ピックアップ記事

  1. 顧問契約をするコンサルタントの年収について
  2. ネットビジネス系のコンサルタントの実態とは?
  3. コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?
  4. コンサルタントの持ち物の注意点とは
  5. 副業でコンサルタント活動は可能なのか?

関連記事

  1. コンサルタント研究記事

    コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?

    LClab編集部です。今回の話題は「返金」です。契約内容にもよりますが…

  2. 取材インタビュー

    木戸一敏氏(経営コンサルタント)

    経営・集客のコンサルティング塾「モエル塾」の主宰であり、経営コンサルタ…

  3. コンサルタント研究記事

    コンサルタントの収入源「研修」

    コンサルタントには様々なビジネスモデルがあるとLClabは考えています…

  4. コンサルタント研究記事

    コンサルタントの報酬単価は、高めから勝負することがポイント

    コンサルタントには様々なビジネスモデルがあります。顧問報酬型もそうです…

  5. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントにとっての、「出版」とは

    10年前、コンサルタントにとって出版は絶対必要なマーケティング・ツール…

  6. コンサルタント研究記事

    副業でコンサルタント活動は可能なのか?

    大手企業を始め、副業を認める流れになった昨今。ネットビジネスのような手…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP