コンサルタント研究記事

コンサルタントの収入源「研修」

コンサルタントには様々なビジネスモデルがあるとLClabは考えていますが、そのひとつに「研修」というモデルがあります。今回はこのモデルについて考察してみます。

コンサルタントというと、一般的には顧問契約というものがイメージされますが、実際のモデルは多岐にわたり、この「研修」をひとつの収入源にしている人も多数います。この研修には、単発のものと長期のものがあり、例えばマナー研修のような基本的なものもあれば、管理者研修のような幹部を育てるものもあり、レベルも様々です。

ビジネスモデル的には、長期で研修を取っていくのがベストです。単発ですと講師料1日5万円等で終わってしまうケースも多く、継続的にも高額報酬にもなりにくいといえます。そこで、長期的な研修プランを立て、半年、1年と契約を取っていくパターンがひとつの成功パターンだといえます。基本的に研修なので、人事系のコンサルタントが取る場合もありますが、例えば営業部をつくるような研修もあり、アイディア次第で多くの企業がターゲットになってきます。

ひとつ、上手くいくポイントは育成系の助成金を絡めて提案することです。研修プログラムを考えたり、社労士に手続きをお願いしなければならない等の手間はありますが、企業としては研修の補助が出るということで、依頼もしやすいはずです。ただ、助成金があまりにも前提過ぎると、研修は適当に、助成金だけもらえればいい、というような経営者とも当たってしまうので、注意が必要です。

(執筆:LClab編集部)

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

エリート型でないキャリアパスのコンサルタントの方が強い?前のページ

コンサルタント契約の契約書雛形次のページ

ピックアップ記事

  1. コンサルタントになるには
  2. コンサルタントで1,000万円稼ぐビジネスモデル例・高額報酬顧問
  3. 顧問契約をするコンサルタントの年収について
  4. コンサルタントの収入源「研修」
  5. コンサルタントの種類、必要な資格とは?

関連記事

  1. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントにとっての、「出版」とは

    10年前、コンサルタントにとって出版は絶対必要なマーケティング・ツール…

  2. コンサルタント研究記事

    コンサルタントに必要な、本当の「聞く」スキルとは?

    コンサルタントには様々なスキルが求められますが、その中でも代表的なスキ…

  3. コンサルタント研究記事

    コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?

    LClab編集部です。今回の話題は「返金」です。契約内容にもよりますが…

  4. 横須賀輝尚ノウハウ集

    顧問型コンサルティングの幻想

    顧問型のコンサルティング契約で、収入を伸ばしていきたいと考えているコン…

  5. コンサルタント研究記事

    ビジネスコンサルタントの仕事内容とは?

    ビジネスコンサルタントの仕事内容といっても、世界で統一ルールがあるわけ…

  6. コンサルタント研究記事

    もっとも簡単に有名コンサルタントになる方法

    コンサルタントとして依頼されるために、ひとつの指針として「知名度」とい…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP