コンサルタント研究記事

コンサルタントとは何か?どんな存在なのか?

コンサルタントからは、様々なアドバイスや情報提供をすることになります。ビジネスの情報、アイディア、人事組織に関することや会計、財務に関することまで、それぞれのコンサルタントの力量に合わせて提供します。そういう意味では、コンサルタントとは「知識」であり、生きた経営のための検索エンジンのようなものなのかもしれません。

こうしたビジネス的な側面とは対照的に、コンサルタントに「存在」を求める社長もいます。つまり、存在していることそのものが重要である、という考え方です。それは、表面的には「第三者の目」があった方が良いということもありますが、多くは疲労や苦悩を話せる相手であり、あるいは承認欲求を満たしてくれる存在でもあるのでしょう。

経営者は孤独と良くいいます。それは事実でしょう。社員、取引先、顧客、家族、友人。それぞれの領域に存在する人には、それぞれ言えることと言えないことがあります。言ってしまえば楽になるということも、なかなか言えないものです。そこで、コンサルタントの存在が求められるわけです。ある意味では、どこにも属さない透明な存在であるコンサルタントには、様々な相談がしやすいでしょう。コーチングを行うコーチなども、その存在に近いといえるかもしれません。

ということは、どんな深い悩みも話せるような信頼関係をつくることも、コンサルタントにとっては重要なことになります。あるいは、白とも黒ともいえない相談に応えられる懐の深さも必要でしょう。そういう意味では、コンサルタントといえども、単に知識があれば良いというだけでは足りず、人間力を高める努力が必要になってくる、というのが私たちの考え方です。

(執筆:LClab編集部)

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

コンサルタントとは前のページ

ビジネスコンサルタントの仕事内容とは?次のページ

ピックアップ記事

  1. コンサルタントに依頼することは意味のないことか?
  2. 副業でコンサルタント活動は可能なのか?
  3. コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?
  4. コンサルタントの報酬単価は、高めから勝負することがポイント
  5. 開業1年目のコンサルタントが取り組むべき3つの営業戦略

関連記事

  1. コンサルタント研究記事

    コンサルタント養成講座を受講するのは有効か?

    コンサルタントという職業は、今や一般的な職業として認識されるようになり…

  2. 取材インタビュー

    菅谷信一氏(YouTube戦略コンサルタント)

    YouTube動画を活用し、これまでに総額50億円以上の売上アップの実…

  3. コンサルタント研究記事

    副業でコンサルタント活動は可能なのか?

    大手企業を始め、副業を認める流れになった昨今。ネットビジネスのような手…

  4. youtube

    コンサルタントの収入源「研修」 (youtube版)

    音声:横須賀輝尚(パワーコンテンツジャパン株式会社 代表取締役)…

  5. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントは、教えてはいけない

    一般的にコンサルタントは「クライアントに何か知識やスキルを教えるもの」…

  6. コンサルタント研究記事

    コンサルタントの収入源「研修」

    コンサルタントには様々なビジネスモデルがあるとLClabは考えています…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP