コンサルタント研究記事

コンサルタントとは

一般的にコンサルタントといっても、様々なかたちがありますが、もっとも一般的なジャンルは「経営コンサルタント」と呼ばれる人でしょう。経営の分析をし、アドバイスをし、経営を改善する。そして、その行為や結果に対して報酬を得るというのが一般的なコンサルタントと呼ばれる人たちです。

ビジネスモデルは様々で、顧問と呼ばれる形式が最も多いようです。月額で報酬額を決定し、収入を得る。顧問と呼ばれるかたちでは、月1回の訪問、1時間〜2時間の面談、電話やメールで回数無制限で相談を受けるというかたちが多く見受けられます。これとは別に、講演というかたちで収入を得たり、勉強会を主催して開催して会費収入で収入を得たり等、コンサルタントのビジネスモデルは様々です。

特に資格がなければできないという仕事でもなく、代表的な国家資格としては中小企業診断士がありますが、この資格を持たずにコンサルタント業をする人も多数です。そのため、資格の有無やキャリアがどうというよりは、実力が試される仕事となっています。言い換えれば、実力さえあれば、今日からすぐにコンサルタントと名乗ることもできるのです。

コンサルティングという商品も、前述のとおりかたちは自由であり、アドバイスが商品になることもあれば、DVD等を制作して販売することもあり、自由度が極めて高く、そのため報酬も力量によってはかなりの高額報酬を得ることが可能です。ただし、その実力を高める方法に関しては、個人に委ねられることが多く、学習機関が確立しているわけでもないため、「コンサルタントとは」「コンサルタントになる方法」などでも検索されるようになっています。

LClabでは、主にフリーでコンサルタントになるため、成功するための方法を追求しています。ピックアップ記事では無料で記事を読むことができますので、ぜひあなたのコンサルティングビジネスにお役立てください。

(執筆:LClab編集部)

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

ピックアップ記事

  1. コンサルタントの持ち物の注意点とは
  2. コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?
  3. コンサルタントになるには
  4. 顧問契約をするコンサルタントの年収について
  5. ビジネスコンサルタントの仕事内容とは?

関連記事

  1. youtube

    コンサルタントに必要な、本当の「聞く」スキルとは? (youtube版)

    音声:横須賀輝尚(パワーコンテンツジャパン株式会社 代表取締役)…

  2. コンサルタント研究記事

    コンサルタントの契約書はどのような内容を盛り込むべきか?

    契約書というと、日本の場合は締結しない場合も多くありますが、やはりトラ…

  3. コンサルタント研究記事

    コンサルタントの収入源「研修」

    コンサルタントには様々なビジネスモデルがあるとLClabは考えています…

  4. youtube

    コンサルタント契約の契約書雛形(youtube版)

    音声:横須賀輝尚(パワーコンテンツジャパン株式会社 代表取締役)…

  5. youtube

    エリート型でないキャリアパスのコンサルタントの方が強い(youtube版)

    音声:横須賀輝尚(パワーコンテンツジャパン株式会社 代表取締役)…

  6. コンサルタント研究記事

    メルマガを出した方が良いコンサルタントのタイプとは?

    メールマガジンは、今や当たり前のマーケティングツールとなりました。20…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP