ライセンス教材(アライアンス)

コンサルタントのアライアンスのあり方

自分と違う強みを持った人や企業とアライアンスを組んでも、相乗効果が発揮されない場合は多々ある。どんな人と組めばシナジーが生まれるのか?どういうスタンスで組めばいいのか?組みたいと思わせるコンサルタントになるには?横須賀輝尚が10年以上にわたり、あらゆる人や企業と組んできた事例をもとに解説する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

ピックアップ記事

  1. 開業1年目のコンサルタントが取り組むべき3つの営業戦略
  2. コンサルタントの持ち物の注意点とは
  3. コンサルタントに求められる人物像
  4. コンサルタントに依頼することは意味のないことか?
  5. コンサルタント養成講座を受講するのは有効か?

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP