コンサルタント研究記事

コンサルタントになるには

コンサルタントになる方法は簡単です。今この瞬間から「私はコンサルタントです」と名乗ればそれまで。名刺のひとつもつくれば、立派なコンサルタントです。もちろん、本記事をお読みのあなたにとってはそれは「聞くまでもない」ことでしょう。具体的に「コンサルタントになるには」ということは、言い換えれば「どのようにすれば、コンサルタントとしての実力が身に付き、契約が取れるのか」ということに他なりません。

書籍やセミナーで勉強し続ける、というのは言うまでもありません。コンサルタントにとって知識は商品ですから、多く、そして深いのに越したことはないわけです。では、机上の知識をどのように力に変えていけば良いのでしょうか。

まず、順番としてはコンサルティングよりも「コンテンツ」が先になります。セミナーにせよ商談にせよ、まとまった話をする機会がコンサルタントには必ずあります。ですから、コンサルティング能力も重要ですが、コンテンツ制作能力も重要なのです。いくつかのキラーコンテンツをつくり、セミナーをする。その結果、見込み客であるクライアントができる。このように、コンサルタントにとっては、コンサルティングよりもまずコンテンツなのです。

そのコンテンツをつくるために必要なのが、絞り込み。すべての経営問題に詳しいコンサルタントになれれば最高ですが、最初からそうはいきません。まずは突破口を開くために、ツール、業界等自分の強みを絞り込む。ここで集中して知識や経験を掘り下げていくことが重要になります。ひとつのいわゆるUSPを持てば、ほかの範囲もある程度見えるようになってきます。そこで初めて広い知見のコンサルタントになることができるのです。

重要なのは、コンテンツ。その次にそのコンテンツを磨くこと。それによってコンサルティングをする機会に恵まれる、というのがひとつのロジックになります。

(執筆:LClab編集部)

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

コンサルタントに依頼することは意味のないことか?前のページ

顧問契約をするコンサルタントの年収について次のページ

ピックアップ記事

  1. メルマガを出した方が良いコンサルタントのタイプとは?
  2. コンサルタントに求められる人物像
  3. 副業でコンサルタント活動は可能なのか?
  4. コンサルタントのホームページはどのようなものが必要か?
  5. ネットビジネス系のコンサルタントの実態とは?

関連記事

  1. 取材インタビュー

    木戸一敏氏(経営コンサルタント)

    経営・集客のコンサルティング塾「モエル塾」の主宰であり、経営コンサルタ…

  2. コンサルタント研究記事

    コンサルタントに依頼することは意味のないことか?

    コンサルタントと契約する企業もあれば、しない企業もあります。もちろん、…

  3. コンサルタント研究記事

    コンサルタントとは

    一般的にコンサルタントといっても、様々なかたちがありますが、もっとも一…

  4. コンサルタント研究記事

    コンサルタントの契約書はどのような内容を盛り込むべきか?

    契約書というと、日本の場合は締結しない場合も多くありますが、やはりトラ…

  5. コンサルタント研究記事

    コンサルタントの収入源「研修」

    コンサルタントには様々なビジネスモデルがあるとLClabは考えています…

  6. youtube

    コンサルタントは経営者にとってどのような存在なのか? (youtube版)

    音声:横須賀輝尚(パワーコンテンツジャパン株式会社 代表取締役…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP