コンサルタント研究記事

コンサルタントのホームページはどのようなものが必要か?

ホームページは今や企業の顔として絶対的なツールになっています。多くは、会社用のコーポレートサイト、そしてそれぞれの事業や商品等を提供する営業用のサイトと分かれます。物販であれば、楽天のようなショッピングモールに出す、ということもあるでしょう。では、コンサルタントの場合は、どのようなホームページ展開をすればよいのでしょうか。

一般的に多いのが、個人サイトまたは自身の持つ会社のサイトを持つ、というものです。弊社代表の横須賀輝尚もそのタイプのひとりです。yokosukateruhisa.comというサイトと、pcjapan.co.jpという横須賀が代表を務めるパワーコンテンツジャパン株式会社のサイト。法人を持たない場合は、個人サイトのみ、ということもあります。これは、コンサルタントが検索される場合、個人名で検索されることが多いため、個人のサイトを持って情報を網羅し、顧客に知ってもらうという流れになります。

そして、セミナーやその他のサービスは、別途その都度ランディングページ(LP)をつくり、商品告知をしていくことが一般的です。商品開発をしないコンサルタントも多いですが、セミナーや勉強会、企画ごとにLPをつくり、メールマガジン等で告知をしていくことで、わかりにくいコンサルタントの商品がわかりやすくなり、販売することが可能になります。

個人サイトで様々なセミナーや商品販売をする場合もありますが、相当の知名度とブランドがない限り、自然に売れていくことはありません。コンサルタントもホームページを持つことは重要ですが、単に持つだけではなく、インターネットマーケティングを考えた上で、ホームページを制作していくことが重要だといえます。

(執筆:LClab編集部)

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

副業でコンサルタント活動は可能なのか?前のページ

メルマガを出した方が良いコンサルタントのタイプとは?次のページ

ピックアップ記事

  1. コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?
  2. メルマガを出した方が良いコンサルタントのタイプとは?
  3. コンサルタント養成講座を受講するのは有効か?
  4. コンサルタントの報酬単価は、高めから勝負することがポイント
  5. コンサルタントの契約書はどのような内容を盛り込むべきか?

関連記事

  1. コンサルタント研究記事

    もっとも簡単に有名コンサルタントになる方法

    コンサルタントとして依頼されるために、ひとつの指針として「知名度」とい…

  2. コンサルタント研究記事

    コンサルタントになるには

    コンサルタントになる方法は簡単です。今この瞬間から「私はコンサルタント…

  3. youtube

    コンサルタント契約の契約書雛形(youtube版)

    音声:横須賀輝尚(パワーコンテンツジャパン株式会社 代表取締役)…

  4. コンサルタント研究記事

    コンサルタントで1,000万円稼ぐビジネスモデル例・高額報酬顧問

    コンサルタントのビジネスモデルに関しては、LClabでは様々な研究をし…

  5. youtube

    開業1年目のコンサルタントが取り組むべき3つの営業戦略(youtube版)

    音声:横須賀輝尚(パワーコンテンツジャパン株式会社 代表取締役)…

  6. コンサルタント研究記事

    コンサルタント養成講座を受講するのは有効か?

    コンサルタントという職業は、今や一般的な職業として認識されるようになり…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP