コンサルタント研究記事

コンサルタントに必要な、本当の「聞く」スキルとは?

コンサルタントには様々なスキルが求められますが、その中でも代表的なスキルが「聞く」スキルです。かつては「聞く」ことがフォーカスされることはあまりなく、ただどう話せば良いかが注目されていましたが、コーチングの導入などによって、「聞くことが大事」というのは当たり前になってきました。特に無形物がサービスであるコンサルタントにとっては、聞く力というのはとても重要になりますが、実際のところはどうなのでしょうか。

まず、相手の話を遮らずに聞くというのは最低限のスキルというか、心構えです。相手は困っているからこそコンサルタントに相談するわけなので、これは最低限で、もはや説明するまでもないと思います。まず聞く時間を増やすというのがひとつのスキルです。この次に重要な聞くスキルが「質問」によって相手のことを引き出すスキルなのですが、一般的にはこのフレーズやトークに注目されがちです。しかし、重要なのは「質問」によって本当の答えを言ってくれるかどうかで、実は質問そのもののスキルよりは、相手との関係性をつくることの方が優先順位としては高いのです。

例えば、あなたがクライアントだったとき、まるで素性の知らないコンサルタントに対して、経営上の本音を言うかどうかと聞かれれば、すぐに全部さらけだせないというのが現実でしょう。相手のコンサルタントがどのような人で、信用に他律人間か?あるいは相談するに相応しい実力を持っているか、そうした疑念が晴れた上で相談するのが普通でしょう。ですから、質問スキルも重要ですが、それ以上に関係性をつくることが重要なのです。

実力に関しては、資料やトークの内容等で表現できるでしょう。ですから、重要なのは人間性の部分でしっかりとした関係構築ができるか、ということになります。では、どのように人間関係を構築していけば良いかといえば、やはり自分をどれだけさらけ出せるかどうかに尽きるとLClabは考えています。要は、なんだかよくわからない人間には、相談なんかできないものです。つまり、何の駆け引きもなく、自分の実力や性格、信条などを話すこともとても重要なわけです。

聞くスキルが注目されることで、「話すよりも聞くほうが大事」というのがあまりにもセオリーになりすぎました。そのため、聞いてばかりで自分の話をしないコンサルタントも存在します。しかし、それではやはり信頼を勝ち取ることはできないのです。ですから、聞くスキルを学ぶ前に、しっかりと自分のことを伝えるということが、実はとても重要なことなのです。

(執筆:LClab編集部)

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

ピックアップ記事

  1. コンサルタントの契約書はどのような内容を盛り込むべきか?
  2. コンサルタントの持ち物の注意点とは
  3. コンサルタントのホームページはどのようなものが必要か?
  4. コンサルタントは、クライアントからの返金に応えるべきか?
  5. コンサルタントで1,000万円稼ぐビジネスモデル例・高額報酬顧問

関連記事

  1. コンサルタント研究記事

    コンサルタントになるには

    コンサルタントになる方法は簡単です。今この瞬間から「私はコンサルタント…

  2. コンサルタント研究記事

    コンサルタント契約の契約書雛形

    コンサルタント契約をするための基本契約書を無料公開することにいたしまし…

  3. コンサルタント研究記事

    副業でコンサルタント活動は可能なのか?

    大手企業を始め、副業を認める流れになった昨今。ネットビジネスのような手…

  4. コンサルタント研究記事

    コンサルタントで1,000万円稼ぐビジネスモデル例・高額報酬顧問

    コンサルタントのビジネスモデルに関しては、LClabでは様々な研究をし…

  5. 取材インタビュー

    木戸一敏氏(経営コンサルタント)

    経営・集客のコンサルティング塾「モエル塾」の主宰であり、経営コンサルタ…

  6. コンサルタント研究記事

    コンサルタントに依頼することは意味のないことか?

    コンサルタントと契約する企業もあれば、しない企業もあります。もちろん、…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP