横須賀輝尚ノウハウ集

「メールマガジンの内容をブログに貼り付けていいですか」というご相談

「メールマガジンの内容をブログに貼り付けていいですか」というご相談がよくあります。確かにメルマガが100号、200号と溜まってきたら、ブログに貼り付けることで検索エンジン対策にもなります。貼り付けることに全く問題はありません。ただ、若干弊害はあります。

読者が離れる可能性が出てくる

しかし、ブログにメルマガを貼り付けていたということがわかったときに弊害が出てきてしまいます。コンテンツマーケティング的にはいい手法と言えても、実際にそうしたときに、「じゃあブログを読めばいいか」といって、メルマガを読まなくなる層が出てきます。そしてこういう人はブログも読まなくなっていくので、最終的に読者が離れていくことにつながります。

手を抜いていると思われる

もうひとつ、メルマガのバックナンバーとして載せているのならまだいいですが、あたかも自分の書いているブログのような体でメルマガのバックナンバーを掲載すると最終的には効果が下がると考えています。なぜなら、「手を抜いている」と思われるからです。

読者の視点に立てているかを考える

「出したメルマガをブログに貼り付ける」という発想自体が「楽したい」という発想であるうえに、読んでいる人の立場に立っていない発想です。要は「メルマガもブログもやりたいけど、二つ書くのは面倒だから内容が同じでもいいかな」という発想です。

ここには、読者をどう楽しませようかという発想がまるでありません。そういう意味では、お客様視点に立ちきれていません。

ですから、この相談の回答としては、「メルマガのバックナンバーという位置付けする場合や、メルマガのバックナンバーとまとめて販売したり、冊子にして配ったりするのはよいと思いますが、楽したいという発想があるのなら、基本的にやらないほうがいい」ということになります。

横須賀輝尚

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

生産性を上げる時間感覚 The way of the Consultant Vol.008前のページ

コンサルモデル回答事例(Q&A)014次のページ

ピックアップ記事

  1. 会計士系のコンサルタントの仕事内容
  2. コンサルタント契約の契約書雛形
  3. コンサルタントの契約書はどのような内容を盛り込むべきか?
  4. メルマガを出した方が良いコンサルタントのタイプとは?
  5. コンサルタントになるには

関連記事

  1. コンサルタント分析

    コンサルティングの効果的な受け方

    今回は、コンサルティングの効果的な受け方と、コンサルを受けても効果が薄…

  2. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントが注意しておきたい失言

    コンサルタントが失言してしまうことは結構あると思っています。中でも私が…

  3. 横須賀輝尚ノウハウ集

    組織(労務)コンサルタントの仕事内容

    コンサルタントといってもいろんなコンサルタントがいますが、今回は組織系…

  4. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントとアライアンスする時の注意点

    フリーコンサルタント同士がプロジェクトチームを組んで取り組むというのは…

  5. 横須賀輝尚ノウハウ集

    メール相談で届く質問や相談の類型と、その対処法

    メール、電話、対面問わず、コンサルタントにはいろんな種類の相談がきます…

  6. 横須賀輝尚ノウハウ集

    メール相談を受けるときの注意点

    私は天才塾で「通信コンサルティング」という形で長らくメール相談を行って…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP