横須賀輝尚ノウハウ集

コンサルタントが組織を作るとき

コンサルタントの組織の多くは、「コンサルタント+アシスタント」というスタイルです。基本的にコンサルタントは1人で独立しますので、最初は請求書の発行など、経理や事務周りの細々したこともコンサルタントが1人でこなしていることがほとんどです。

有名コンサルタントと名高い人が、見えないところでは領収書を一通一通手書きしていることもあります。セミナーをするにしても、会議室の手配なども自分でしなければならず、結構煩雑です。

こういった細々した事務作業が増えすぎたときになって、初めて人を雇うコンサルタントは多くいます。要するに採用するときというのは、コンサルタントとしてやらなくてもいいような仕事をお願いしたいときです。

アシスタントや秘書という言い方ではあっても、多くはアルバイトやパートでの雇用です。そしてその流れで人を雇ったときに起きやすいのが、コンサルタントから指示命令がないと動かない人の集まりができてしまうことです。

組織を作るという発想がなければ、人を入れても売上は上がらない

コンサルタントが組織を作った場合、「人を入れれば売り上げが上がる」という仕組みは、何も考えていなければ絶対に作れません。組織を作っていこうという発想がないと、コンサルタントから指示命令がないと動かない人の集まりができるだけになってしまいます。

コンサルタントの会社で一番まずいのは、無駄に社員が増えすぎて、その社員を食べさせるためにコンサルタントが必死に働くという状況に陥ってしまうことです。そうすると利益率も非常に低くなってしまいます。

パワーコンテンツジャパン株式会社には執筆時点で7人のスタッフがいますが、個人系のコンサルティング会社で社員が7人いる会社は珍しい方です。普通はここまで伸ばしません。特に最初は、伸ばす理由がわからないと思うコンサルタントが大半でしょう。

組織化をするなら、フリーでコンサルをするために快適な環境を目指したいのか組織化したいのかで大きく変わってきます。自分がどういうところを目指すのかについては、最初から考えておくべきところです。

横須賀輝尚

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

ピックアップ記事

  1. コンサルタントに依頼することは意味のないことか?
  2. コンサルタントとは何か?どんな存在なのか?
  3. コンサルタントの報酬単価は、高めから勝負することがポイント
  4. コンサルタント養成講座を受講するのは有効か?
  5. コンサルタントの契約書はどのような内容を盛り込むべきか?

関連記事

  1. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントは、教えてはいけない

    一般的にコンサルタントは「クライアントに何か知識やスキルを教えるもの」…

  2. 横須賀輝尚ノウハウ集

    メール相談を受けるときの注意点

    私は天才塾で「通信コンサルティング」という形で長らくメール相談を行って…

  3. 横須賀輝尚ノウハウ集

    重たい相談を受けたとき、それに振り回されないための考え方

    事業再生系、販促系、組織系といろんなタイプのコンサルタントがいますが、…

  4. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントを始めるとき、最初の顧客ターゲットを誰にしたらいいか

    今回は、コンサルタントを始めるときに最初の顧客ターゲットを誰にしたらい…

  5. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントとアライアンスする時の注意点

    フリーコンサルタント同士がプロジェクトチームを組んで取り組むというのは…

  6. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントとしてブログをどう書いていくのか

    「ブログを書かなければいけない」ととらわれている人が多いものですが、そ…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP