横須賀輝尚ノウハウ集

小冊子の執筆は自分でするべきか

以前からダイレクトマーケティングの世界では、無料オファーのツールとして小冊子を使ってきました。少しマーケティングを勉強していくと、小冊子を作らなければならないのではないかと思ってしまうことがあります。しかしそうではなく、顧客リストを取るために何かコンテンツを出すとき、昔は小冊子が一般的だったというだけです。『コンサルタント=小冊子作り』と考えている人がいますが、そうではありません。

その他に、本を商業出版するのは大変なので、本に類似するものとして小冊子を作るという方も結構多いかもしれません。ですが、『小冊子を作らければ』という発想からは早く脱却することが大事です。

小冊子は自分で書いた方がいいか

本題は、『小冊子は自分で書いた方がいいのか』という部分です。小冊子の他にも、書籍やニュースレターなど、いろいろな種類の執筆ものがありますが、これらについては、個人的には自分で書いた方がいいと考えています。

自分で喋ったものをライターに書いてもらうこともできます。過去にベストセラーになった養老孟司さんの『バカの壁』という本があります。これ以前に出版された養老先生の本は難解すぎたためにあまり売れ行きがよくなかったものの、ライターが書いた『バカの壁』は「わかりやすかった」ということでとても売れました。

このような例もあるため、喋ったことをライターに書いてもらうということは否定しません。ただ、そこを超えて基本的には自分が書いた方がいいというのは、力がつくからです。

ちなみに余談ですが、ライターに対して外注先のように考えている人がいますが、本来のライターの仕事は、『コンテンツを正しい形で読者に伝えるために表現を変えてくれる』というものです。ライターという仕事について考えが間違っている人は、考え直して欲しいところではあります。

自分で書くからこそ文章力がつく

楽をするのは簡単ですが、コンサルタントとして自分が絶対やらなければいけないのがセールスレターです。これは、自分で書かなければならない。そして、『文章を書く』ということをしていかないと、文章力はついていきません。

私の文章そのものはそんなに美しくないかもしれません。しかし結果は一応出してきていますし、買ってもらえる文章は書けていると思っています。なぜそれができたかというと、1日1,000字以上、ブログを7年間毎日書いたからです。

それから、自分の小冊子やメールマガジンも同じです。メルマガはおそらく1,000号くらい、かなりの量を書いてきました。セールスレターも自分で書きますし、商業出版の本も、共著などを除いて基本的には全て自分で書いてきました。この『書いてきた』ということが力になります。

自分自身が成長するために「書く」

楽をするというのと効率的にやるというのは、少し違います。効率化はどんどん図って行けばいいですが、コンサルタントも成長していかなければ、お客さんはついてきません。自分自身が成長するために、ニュースレターや小冊子などは自分で書いていった方がいいと考えています。

本当かどうかはわかりませんが、『文章が下手でも著者のエネルギーが伝わってくる本の方が売れる』というのが出版業界の定説です。ですから、自分の実力を身につけるという点でも、自分で書くといいですね。

横須賀輝尚

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

コンサルモデル回答事例(Q&A)010前のページ

無限にコンテンツを生み出すインタビューの技術 The way of the Consultant vol.004次のページ

ピックアップ記事

  1. 開業1年目のコンサルタントが取り組むべき3つの営業戦略
  2. もっとも簡単に有名コンサルタントになる方法
  3. ネットビジネス系のコンサルタントの実態とは?
  4. メルマガを出した方が良いコンサルタントのタイプとは?
  5. コンサルタントの種類、必要な資格とは?

関連記事

  1. 横須賀輝尚ノウハウ集

    過去の教材から学ぶ方法

    世の中にはビジネス教材が山ほどあり、たくさんのコンサルタントがビジネス…

  2. 横須賀輝尚ノウハウ集

    「外から見えるもの」に自分なりの理由を持つ

    打ち合わせ場所をどこにするのか、というのはとても気にしています。指定し…

  3. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントの知識を「専門化」する方法

    コンサルタントとしての突破口の開き方としては、何かひとつを掘り下げるし…

  4. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントとしてクレームを受けてしまったときの対処法

    コンサルタントとしてクレームを受けてしまった場合に、どうしたらいいか。…

  5. 横須賀輝尚ノウハウ集

    セミナー講師になってもらうための繋がり方

    セミナー講師を呼ぶ一番簡単な方法は、報酬を支払うこと。講師料を支払えば…

  6. 横須賀輝尚ノウハウ集

    メール相談を受けるときの注意点

    私は天才塾で「通信コンサルティング」という形で長らくメール相談を行って…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP