横須賀輝尚ノウハウ集

コンサルタントはオフィスを持った方がいいのか

多くのコンサルタントがオフィスを持っていません。自宅兼オフィスという方がとても多いです。オフィスを持つのも固定費になるし、コンサルタントはどこでもできる仕事なので、という考え方はもちろん悪いことではありません。

オフィスを持つと信頼感が増す

しかし、コンサルタントはオフィスを持っていると格段に説得力が増します。オフィスがあるということは、取引先やクライアントにとって、ものすごい安心材料になるんです。他のコンサルタントの方に、スタッフは何人いるのかと聞かれたとき、「6人でやっている」というと驚かれます。

弊社はコンサルタントを育てている会社ではないので、何の仕事がそんなにあるのかと疑問に思われるようです。このように、オフィスの広さと人の多さで、信頼感というのは増してきます。

しっかりオフィスを持つと、実は契約も取りやすいです。よく「オフィスが信用」と言いますが、オフィスが広いと信頼も厚くなります。弊社が会社に来られた方から「すごくしっかりした会社ですね」と言われるのはそこです。内装や広さも、結構贅沢な使い方をしています。

特にコンサルタントのように決まった場所が必要ない職種の場合は、それでもオフィスを持っているとういうことが、信用度が増すことにつながります。

「なぜ」の理由を作る

もう一つは、理由と定義の重要性。例えば、なぜ四谷に会社があるのか、なぜこのデザインなのか、という「理由」があった方がいいとうこと。コンサルタントは形がないものを扱う仕事なので、そういった理由や定義に気を配っていくといいです。

ちなみに弊社が四谷なのにも理由があります。弊社のビジネスは全国に向けたものなので、誰が聞いてもわかる住所であることが第一です。新宿区は日本中で知名度が高い場所ですし、四谷も、聞いたことがあるという人が多い地名です。また、「情報を発信する」仕事なので、山手線のど真ん中から発信していきたいというのも理由にあります。

と、こういう理由や定義を、後付けでもいいので作りましょう。理想通りの場所やオフィスが見つかることはそうそうありません。ですから、どうしても理由は後付けになりやすいものです。弊社もそうです(笑)後付けであれ、理由がしっかりあることが必要です。

横須賀輝尚

▶人気記事:コンサルタントの模範解答51 あなたならどう答える?

コンサルタントのあなたに問題です。下記のクライアントからの相談に、あなたはどのように回答しますか?

DATA:

32歳(男性)
東京都出身/現在の仕事はウェブデザイナー/
22歳から26歳までビジネス什器の営業を担当/
26歳から31歳までIT系企業でウェブ制作を担当/
32歳で独立開業
メイン商材:ウェブ制作、バナー等デザイン業務

ピックアップ記事

  1. コンサルタントで1,000万円稼ぐビジネスモデル例・高額報酬顧問
  2. コンサルタントの収入源「研修」
  3. 顧問契約をするコンサルタントの年収について
  4. コンサルタントのホームページはどのようなものが必要か?
  5. コンサルタントの種類、必要な資格とは?

関連記事

  1. 横須賀輝尚ノウハウ集

    メールマガジンの記事をストックしておきたい

    メールマガジンのネタはある程度作っておいた方がいいものですが、記事のス…

  2. 横須賀輝尚ノウハウ集

    重たい相談を受けたとき、それに振り回されないための考え方

    事業再生系、販促系、組織系といろんなタイプのコンサルタントがいますが、…

  3. 横須賀輝尚ノウハウ集

    コンサルタントは、教えてはいけない

    一般的にコンサルタントは「クライアントに何か知識やスキルを教えるもの」…

  4. 横須賀輝尚ノウハウ集

    メール相談を受けるときに大切なポイント

    コンサルタントが相談を受けるというスタイルにはいくつかパターンがありま…

  5. 横須賀輝尚ノウハウ集

    クライアントの信頼を失なわないために注意するポイント

    どういう時にクライアントの信頼を失うんでしょうか。自分がコンサルタント…

  6. 横須賀輝尚ノウハウ集

    高額報酬を成約するためには対面に持って行くことが重要

    基本的なやりとりというのは対面が一番強い方法です。高額報酬の顧問をとる…

ログイン

特集記事

ピックアップ記事

PAGE TOP